SSブログ

森口尚史 経歴 奈良県 [学問]

森口尚史 経歴 奈良県


iPS細胞を用いた心筋移植手術を行ったとする事実の信憑性の疑われる森口尚史さんの経歴について調べてみました。


先日、京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究でノーベル医学生理学賞を受賞された直後に、ハーバード大学の日本人研究者・森口尚史さんを含む研究チームがiPS細胞による心筋移植手術を行ったとして、山中教授だけでなく森口さんも注目を集めることとなりましたね。


iPS細胞が再生医療にもたらす可能性について、以下のような一般向けの本まで出版されているくらい知名度の高い研究であったことから、「すでに医療に応用していた」ということで非常に多くの方が森口さんに関心をもたれたのではないでしょうか。





ただ、その後、ハーバード大学や複数の専門家から森口さんの手術は事実として疑わしいということが述べられたり、このニュースを報じた新聞やテレビなどの大手メディアも誤報であったとして謝罪をしたりしたことで、森口氏の手術の信憑性が疑いが日増しに強くなっていますね。


さて、そんな渦中の森口さんですが、彼の経歴が気になりましたので調べてみました。
ところが、森口さんの経歴はあまりわからないのが実情でした。
知ることができた範囲で彼の経歴を書かせていただくと、森口さんは1964年に奈良県でお生まれになられて、
1989年に東京医科歯科大学に入学されたそうです。


ちなみに、山中教授も小学生のころから大学1回生のころまでは奈良県にお住まいになられていたようですね・・・


また、お調べになられている方が大勢みえるようなので書かせていただきますが、森口さんは韓国人や中国人ではないかという噂話もあるそうですが、彼が奈良県出身であることしかわからないことから彼の国籍を断定することはできませんね。


以上、森口尚史 経歴 奈良県でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます