SSブログ

森口尚史 経歴 奈良県 [学問]

森口尚史 経歴 奈良県


iPS細胞を用いた心筋移植手術を行ったとする事実の信憑性の疑われる森口尚史さんの経歴について調べてみました。


先日、京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究でノーベル医学生理学賞を受賞された直後に、ハーバード大学の日本人研究者・森口尚史さんを含む研究チームがiPS細胞による心筋移植手術を行ったとして、山中教授だけでなく森口さんも注目を集めることとなりましたね。


iPS細胞が再生医療にもたらす可能性について、以下のような一般向けの本まで出版されているくらい知名度の高い研究であったことから、「すでに医療に応用していた」ということで非常に多くの方が森口さんに関心をもたれたのではないでしょうか。





ただ、その後、ハーバード大学や複数の専門家から森口さんの手術は事実として疑わしいということが述べられたり、このニュースを報じた新聞やテレビなどの大手メディアも誤報であったとして謝罪をしたりしたことで、森口氏の手術の信憑性が疑いが日増しに強くなっていますね。


さて、そんな渦中の森口さんですが、彼の経歴が気になりましたので調べてみました。
ところが、森口さんの経歴はあまりわからないのが実情でした。
知ることができた範囲で彼の経歴を書かせていただくと、森口さんは1964年に奈良県でお生まれになられて、
1989年に東京医科歯科大学に入学されたそうです。


ちなみに、山中教授も小学生のころから大学1回生のころまでは奈良県にお住まいになられていたようですね・・・


また、お調べになられている方が大勢みえるようなので書かせていただきますが、森口さんは韓国人や中国人ではないかという噂話もあるそうですが、彼が奈良県出身であることしかわからないことから彼の国籍を断定することはできませんね。


以上、森口尚史 経歴 奈良県でした。

森口尚史(ひさし)客員講師 真相は・・・ [学問]

森口尚史(ひさし)客員講師 真相は・・・


森口尚史(ひさし)客員講師がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の心筋移植に関する研究の真相が波紋を呼んでいますね。


先日、京都大学の山中教授がiPS細胞の研究でノーベル医学生理学賞を受賞されましたね。
その数日後に、ハーバード大学の森口尚史(ひさし)客員講師が、そのiPS細胞から心筋の細胞を作り、心不全の患者さんに移植手術を行ったという内容の報道がされました。


iPS細胞は再生医療の分野でかなり期待されているようなので、非常に明るいニュースだと感じた方も多いのではないでしょうか。





山中教授がノーベル賞を受賞した直後ということや、新聞やテレビのニュース番組などの大手メディアが先に述べた森口尚史さんのiPS細胞の移植について大々的に報じたこともあって、森口さんは世間的にも非常に注目されましたね。


しかし、森口さんがその手術を行ったとされるマサチューセッツ総合病院が事実関係を否定したようです。
また、森口さんは移植手術の際に手術の可否を決定するハーバード大学の倫理審査委員会からも了承を得ていたとおっしゃているそうですが、その事実もハーバード大学が否定したようです。


加えて、東京大学が森口さんのプロフィールを削除したり、iPS細胞の移植手術の成功を報じたマスコミがこれまでの報道を削除すしたり、森口さんの研究の信憑性が疑われるといった内容の報道がされたりと、雲行きが怪しくなってきていますね。


実際に、森口さんは東京医科歯科大学で看護学を学ばれたそうですが、医師免許は持ってはいないとのこと。
また、数年前に、山中教授に多額の研究予算が配分されたことに批判的な記事を書かれていたこともあったそうです。


ネット上でもかなり騒がれていることですし、森口さんの口からことの真相をきちんとお話していただきたいですね。


以上、「森口尚史(ひさし)客員講師 真相は・・・」でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

山中伸弥 Twitter 本物 [学問]

山中伸弥 Twitter 本物


山中伸弥教授のTwitterは本物なのかという点について解説させていただきます。


京都大学の山中伸弥教授(50)がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究でノーベル医学生理学賞を受賞されましたね。


山中教授のiPS細胞の研究がいかに偉大な研究であるのかについては、以下のような今回のノーベル賞の受賞の前からこの細胞に関する一般向けの本が出版されるなど、メディアでも頻繁に取り上げられていたこともあってか多くの方々が山中教授やiPS細胞について高い関心を抱かれているようですね。


【送料無料】iPS細胞

【送料無料】iPS細胞
価格:1,800円(税込、送料別)




そのように、現在、山中教授の注目度が大変高まっているため、山中伸弥教授を名乗るTwitterのアカウントも注目されているようですね。


私も山中教授のTwitterのアカウントを拝見してみたのですが、ツイートが3つしかされていませんでした。
また、3つ目のツイートが「ノーベル賞キターーーーーーーーーーーーーーーーー! ヽ(‘ ∇‘ )ノ」という内容でした。


ノーベル賞の受賞ということについてのツイートの内容がこのような面白くチャーミングな内容ということもあってか、この3つ目のツイートは4万件近いリツイートがされているようですね!


しかし、ツイートの数が少ないこととツイートの内容から、ネット上では何者かがご本人になりすましたアカウントではないかということで、「このアカウントは本物かどうか疑わしいのでは?」という声もあがっていたそうです。


4万件もリツートされるなどこの山中教授と思われるアカウントはかなり話題となったようですが、そのことを受けてか山中教授の所属される京都大学のiPS細胞研究所は山中教授がTwitterをされていないという旨の発表をされたそうです。


そのため、山中教授のTwitterと思われていたアカウントは本物ではないことが事実なようですね。


内容的には面白いツイートなのですが、ご本人の所属されている研究所がわざわざ山中教授がTwitterをされていないことを発表することとなった可能性もありますのでジョークとしてはやり過ぎてしまったのかもしれませんね・・・


以上、山中伸弥 Twitter 本物でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ジョン・ガードン 山中伸弥 [学問]

ジョン・ガードン 山中伸弥


この記事では、山中伸弥教授とノーベル賞を同時に受賞されたジョン・ガードン博士について解説させていただきます。


京都大学の山中伸弥教授がイギリスのジョン・ガードン博士とノーベル賞を同時に受賞されたことで、ネット上もノーベル賞関連の話題でにぎわっていますね。
他にも文学賞などで村上春樹さんが受賞する可能性も指摘されていることから、多くの日本人お方々がノーベル賞の受賞者の発表を楽しみにされているのではないでしょうか。


さて、山中伸弥教授がノーベル賞を授与された研究であるiPS細胞ですが、どのような細胞にも変わることができる細胞であり今後の医療の発展に大いに貢献することが予想されていることを御存じの方も多いかと思います。
もし、iPS細胞についてより詳しい情報が知りたいという方がみえたら専門書があるようなので、そちらはいかがでしょうか。


【送料無料】iPS細胞

【送料無料】iPS細胞
価格:1,800円(税込、送料別)




以前からiPS細胞がマスコミで注目されていたこともあって一般的にも山中教授の認知度の高いせいか、山中教授と同時にノーベル賞を受賞されたジョン・ガードン博士にも注目が集まっていますね。
私もジョン・ガードン博士とはどのような方なのだろうと気になったので、博士について調べてみました。


ジョン・ガードン博士ですが、山中教授は会見で、ジョン・ガードン博士は山中の研究されている分野の第一人者であり、博士と一緒にノーベル賞が受賞できることが嬉しいといっても過言ではない、という内容のご発言をされていらっしゃいます。
このご発言だけで、山中伸弥教授と一緒にノーベル賞を受賞されたジョン・ガードン博士がいかにすごい研究者なのかがよくわかりますね!


以上、ジョン・ガードン 山中伸弥でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます